レイヤードサウンド| The 3rd Edition| 4チャンネルセット

Mercedes-Benz

Gクラス W467

4チャンネルセット

既設サウンドシステム:Burmester

取付店舗:シュテルン葛飾

[Mercedes-Benz]
G350d W467

製品
4chセット

取付位置
(Aピラー内部)

取付位置
(フロント右)

*取り付け位置に貼付したシールは撮影用のマーカーです。実車には貼付しません。

取付位置
(リア右)

*取り付け位置に貼付したシールは撮影用のマーカーです。実車には貼付しません。

スイッチ位置①
(コンソールボックス内)

*画像のスイッチ位置は標準的な施工の一例です。取付には5cmの奥行きが条件となりますので、別の位置をご希望の場合はインストーラーにご相談ください。

スイッチ位置②
(ルームミラー付近)

*画像のスイッチカラーは特別色の赤です。(標準色はアンバー)

アンプ位置
(グローブボックス下)

*画像のアンプ位置は標準的な施工の一例です。別の位置をご希望の場合はインストーラーにご相談ください。

2018年に登場した現行のGクラスはサウンドシステムも大幅な仕様変更となった。特に、オプションのBurmesterのサウンドシステムはゆとり十分な大きさの車室をカバーすべく、コーンスピーカーを15個装備している。メインのスピーカーはドアの下部に位置しており、座高の高さと幅広な車室ゆえにかなり遠くに感じられてしまうが、ダッシュボードの左右とセンターのルームミラー付近にもスピーカーを設置することで、アップライトな音感に補正されている。だが、多くのスピーカーを前に集めたため、前後の比重の偏りや後方に音のブラインドが感じられ、バランスフェーダーを後ろにずらす工夫をしているオーナーも珍しくない。レイヤードサウンドを追加で装着すれば、音量を過度に上げることなく、自身に纏うような心地の良い没入感が得られる。車室全体が音に満たされる感覚とともに、物理的な車室の大きさとは別の、本当のゆとりをもたらしてくれる。

[Mercedes-Benz]
G350d W467

製品
4chセット

取付位置
(Aピラー内部)

取付位置
(フロント右)

*取り付け位置に貼付したシールは撮影用のマーカーです。実車には貼付しません。

取付位置
(リア右)

*取り付け位置に貼付したシールは撮影用のマーカーです。実車には貼付しません。

スイッチ位置①
(コンソールボックス内)

*画像のスイッチ位置は標準的な施工の一例です。取付には5cmの奥行きが条件となりますので、別の位置をご希望の場合はインストーラーにご相談ください。

スイッチ位置②
(ルームミラー付近)

*画像のスイッチカラーは特別色の赤です。(標準色はアンバー)

アンプ位置
(グローブボックス下)

*画像のアンプ位置は標準的な施工の一例です。別の位置をご希望の場合はインストーラーにご相談ください。

[Mercedes-Benz]
G350d W467

製品
4chセット

取付位置
(Aピラー内部)

取付位置
(フロント右)

取付位置
(リア右)

スイッチ位置①
(コンソールボックス内)

スイッチ位置②
(ルームミラー付近)

アンプ位置
(グローブボックス下)

2018年に登場した現行のGクラスはサウンドシステムも大幅な仕様変更となった。特に、オプションのBurmesterのサウンドシステムはゆとり十分な大きさの車室をカバーすべく、コーンスピーカーを15個装備している。メインのスピーカーはドアの下部に位置しており、座高の高さと幅広な車室ゆえにかなり遠くに感じられてしまうが、ダッシュボードの左右とセンターのルームミラー付近にもスピーカーを設置することで、アップライトな音感に補正されている。だが、多くのスピーカーを前に集めたため、前後の比重の偏りや後方に音のブラインドが感じられ、バランスフェーダーを後ろにずらす工夫をしているオーナーも珍しくない。
レイヤードサウンドを追加で装着すれば、音量を過度に上げることなく、自身に纏うような心地の良い没入感が得られる。車室全体が音に満たされる感覚とともに、物理的な車室の大きさとは別の、本当のゆとりをもたらしてくれる。